Sweets

チアチョコレートプディング A チアシード1/4カップ ココアパウダー 大1 メープルシロップor甘酒 大1もしくは米飴大2 お好みのミルク(アーモンドミルクorライスミルクorココナッツミルク)1/2カップ ココアパウダー 大1 メープルシロップor甘酒 大1 もしくは米あめ 大2 B バナナ 1本 デーツ 数個 水もしくはお好みのミルク 1/4カップ 1 ボウルにAをすべて入れ混ぜ合わせる。 2 ミキサーにBを入れ混ぜる。 3 1の中に2を入れる。 4 器に移し固める。 5 お好みで豆腐クリーム、果物、カカオニブス、ミントの葉などで飾る。 ※ココアパウダーの代わりに抹茶パウダーを入れ飾りにあんをのせてもとっても美味しい ※チアシードはタンパク質、食物繊維、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、オメガ3脂肪酸などが含まれるスーパーフード。 オメガ3はコレステロール、中性脂肪を下げる。動脈硬化、心筋梗塞予防、記憶力のアップ。アレルギー症状の緩和、イライラを抑えるなどの効果あり。

Continue Reading Sweets

Soup / Salad

パンプキンスープ 乳製品フリーなのにほっこりコクのある味わい深い かぼちゃ(約500 g) 半分 塩もしくは塩麹 小1/2 塩麹の場合は大2 水 適量 かぼちゃを適当な大きさに切って、鍋に入れる。水はかぼちゃの半分まで入れる。 塩(もしくは塩麹)をかぼちゃの上に振りかけ、弱火でコトコト柔らかくなるまで煮込む。 柔らかくなったかぼちゃを取り出し、ミキサーにかけ、再度鍋に戻し、必要であれば少々塩を足し調整して出来上がり。 弱火でコトコト煮る時に塩もしくは塩麹を入れることでさらにかぼちゃの甘みを引き出しますので、乳製品を加えなくてもほっこりコクのある味わいになります。 キヌアとロケットサラダ 腸内サポートドレッシング キヌアもチアシードもタンパク質、ミネラルや食物繊維を豊富に含み、栄養バランスに優れた食品なので日頃のメニューぜひ取り入れたいスーパーフードです。 人参 1本 玉ねぎ 1個 パプリカ 1/4 リンゴ酢 大3 ローハニー 大3 塩 1/2 オリーブオイル 大1.5 チアシード 小1 ロケット 適量 1 人参と玉ねぎを千切りにし、 ボールに入れ塩でもみ30分以上置く。 2 保存容器にリンゴ酢とローハニーを混ぜ、②の人参と玉ねぎの水分を絞った後に入れる。 3 一晩冷蔵庫で寝かせて、野菜を別の容器に取り分ける。 4 残りの調味料にオリーブオイルとチアシードを加えしばらく置く。 5 キヌアは目の細かいザルにあけて水を切る。鍋に同量の水を沸騰させてキヌアを入れ蓋をして20分炊く。 炊きあがったら蓋をしたまま10分蒸らす 6 召し上がる直前にロケットと野菜とキヌアにドレッシングを加え、混ぜ合わせる。 簡単なので時間のある時に作っておくと、ちょっと野菜が足りない時の心強い1品となります。 リンゴ酢には「クエン酸」や「リンゴ酸」などの酸の働きがあり、これは中性脂肪と結合して中和することで、脂肪を作りにくくする効果が期待できます。また「有機酸」という成分の整腸作用の働きによってもたらされる効果には便秘解消、さらにビフィズス菌や善玉菌を増やす働きがある「アップルペクチン」という成分が含まれています。キッチンの常備品として置いときたい調味料です。

Continue Reading Soup / Salad

Meat / Fish

発酵唐揚げ ただ鶏肉を塩麹に漬け込むだけで、びっくりするほどふっくら柔らかく美味しくなります 冷めて美味しいからお弁当にもおすすめです 鶏肉(もも) 3枚 米粉もしくは片栗粉 適量 揚げ油 適量 A(塩麹 大1から2 にんにく(すりおろし)大1 生姜(すりおろし)大1 醤油 大1 胡椒 少々) 1 鶏肉を食べやすい大きさに切って保存袋に入れる 2 1にAのタレを全て入れて、袋の上から揉み込み、冷蔵庫で一晩置く 3 冷蔵庫から出し、米粉もしくは片栗粉にまぶして油で揚げる

Continue Reading Meat / Fish

Eggs

卵のみそ漬け 味噌床 大2 卵 2個 1味噌床を作る。みそ 50g みりん 大1 味噌にみりんを加える。なめらかになるまでよく練り混ぜる。 2 ゆでた卵の殻をむき、味噌床をまんべんなくぬり、保存袋を入れて冷蔵庫で4〜5日漬け込む。 ※みそ床 味噌は病気を防ぎ、健康を保ち、抗酸化作用や整腸作用、アンチエイジング効果大。 大豆はタンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含み、さらに発酵という微生物の働きが加わる事により成分は消化吸収しやすい形に分解され新たな栄養価もアップ。 簡単なので作り置き出来るレシピ。そのまま食べても美味しいけれども、アボカドと海苔巻きの具にするとさらに美味しい味わい。 お弁当にもおつまみにもおすすめ。

Continue Reading Eggs

Other Carrier Oils

その他のキャリアオイル スイートアーモンドオイル ゆっくりと浸透し有用成分がやさしく穏やかに作用します。赤ちゃん、敏感でかゆみのある肌によくなじみます。 天然ビタミン(A, B1, B2, B6,Eなど)を含む、ほぼ無臭。フェイスからボディまで応用のきく、もっとも汎用性の高い理想的なキャリアオイルです。 特に普通~乾燥肌に適していて、ベビーマッサージにも安心してお使いいただけます。 マカダミアオイル 酸化しにくく、長期の保存ができるキャリアオイル。人の皮脂と同じ成分(パルミトオレイン酸)を含み、肌の柔軟にし、若返りを助けます。 特に普通肌~皮脂が少ない乾燥肌、老化肌に適しています。 背中や足のすねなどがかゆくなり、掻き壊しや炎症を起こしてしまう人にもおすすめです。冬場や高齢の方へトリートメントを行うときに用意しておきたいオイルのひとつです。 ※オーストラリア産のマカダミアオイルは、その高い品質で世界的に評価されています。ベビーマッサージにもおすすめです。 グレープシードオイル 軽く、さらっとしていて、肌の上を楽に滑るキャリアオイル。トリートメントするときに手の動きが軽く感じられ、のばしやすいので、使用感はソフトでサラッとしていて、油っぽい感触はありません。 肌のオイルクレンジングや夏場など汗ばむ季節、背中やおなかなど広い面をトリートメントする時にもおすすめです。乾燥肌~脂性肌の方へ。 アボカドオイル 保湿力に優れ、角質化した足裏、かかと、ひじなどを柔かくしてくれます。冬場の乾燥した手足におすすめです。美容液やクリームに加えるとリッチな使用感になります。 筋肉や肌の炎症を和らげます。オレイン酸70%、リノール酸10%、パルミトオレイン酸5~10%ほどが含まれ、天然レシチン、ビタミン(A, B1, B2, D, E)などが栄養豊富なオイル。 濃厚なオイルなので、他のキャリアオイルに10~30%ほど加えてマッサージすると、特に乾燥肌や老化肌が若々しく蘇ります。 キャスターオイル(日本名:ひまし油) トウゴマの種子から採る植物油。粘性の高いオイルで、保湿性に優れています。日本語では「ひまし油」と呼ばれ、伝統的に解毒・下剤として利用されてきました。 現在では口紅や手作りコスメの原材料によく利用されます。皮膚浸透度が遅いので、マッサージ用に使う場合には、他のキャリアオイルとブレンドするとよいでしょう。 エドガー・ケイシー健康法「ひまし油湿布」にも使われます。 ボリジオイル(ボラジオイル) 様々な症状に効果があるとされるγ‐リノレン酸を月見草オイルの2倍近く、約20~30%含むリッチなオイル。乾せん、湿疹(アトピー)による炎症、乾燥肌のベースオイルとして理想的なキャリアオイルです。 精神的なストレス、悲しみ、失望などの感情があるとき、更年期の症状やPMSなど、女性特有のトラブルにも有効。酸化が早いので少量づつの購入が望ましいでしょう。 イブニングプリムローズオイル(月見草オイル) 肌、体、心の疲れが続くときにおすすめ。リノール酸60~75%、γ‐リノレン酸約10%含みます。これらの成分を補給することで免疫系を強化し、アレルギーや炎症反応、 老化、ホルモンバランスを間接的に調節するとされています。スキンケア、ヘアケアに適し、特に老化した肌の蘇生に役立ちます。酸化が早いので少量づつの購入が望ましいでしょう。 アルガンオイル モロッコに生育するアルガンという樹の実の核(カーネル)からわずかに抽出される貴重なオイルです。サラサラした感触で、匂いはほとんどありません。 オレイン酸やリノール酸、ビタミンEなど美容成分が豊富に含まれます。肌の脂質の成分とよく似ているので、少量をお肌につけるだけで、キメの整ったうるおい溢れるハリ肌へ導いてくれます。 ヘアケアにも利用できます。

Continue Reading Other Carrier Oils

Emu Oil

保湿・潤い補給に!アボリジニの万能薬・エミューオイル 「肌がガサガサする・・・・」とお悩みのあなたへ。 乾燥肌にもボディケアにも全身に使える100%エミューオイルは試したことはありますか?エミューは、オーストラリアに生息している固有の鳥、飛べない鳥の一種です。 約8000万年前から生息している、生命力の非常に強い古代鳥です。ダチョウによく似た大型の鳥で、前にしか進めないことから、国家成長の象徴として、オーストラリアの国鳥に指定されています。 大人のエミューは、岩の多いオーストラリア内陸に住んでいますが、荒廃した自然の中でも凄まじい傷や衝撃からも、驚くべき回復能力を持っています。 そんなエミューから採れる油が「エミューオイル」です。オーストラリアの先住民族のアボリジニは、このエミューを食料として狩猟していましたが、エミューから採れるオイルを常備薬として利用していました。 エミューオイルを傷の患部に塗布したり、火傷に用いたほか、打撲、筋肉疲労や関節炎、皮膚トラブルにも利用していました。 その後、1980年代にオーストラリア政府の支援により、エミューオイルの研究分析・臨床検査が公式に進められ、TGA(豪州治療医薬品局)の定める「医薬品」として認められて、 広く認知されることになりました。 エミューオイルが世界中で人気の理由は、角質層への浸透力! 無理なく素早く、肌の角質層に浸透し吸収するには、皮脂成分がどれだけ人間に近いかなのです! エミューオイルは脂肪酸構成が、馬油や椿油よりも「皮脂成分がとても人間に近い」のです。だから肌なじみが大変よく、すぐ浸透していきますので使用後は、べたつきもありませんし、 拭き取る必要もありません。不足した脂肪酸を補って、自然に潤いを与えます。オーストラリアでは政府からも認められているエミューオイル。 アレルギーなどの疾患を持つお肌を、外部の刺激から守り、正常な状態に戻す手助けをするとも言われています。お肌の弱い赤ちゃんやご年配の敏感肌や乾燥肌にもご使用いただけます。 天然のオメガ3・6・9が理想的なバランスで! 人間の皮脂に重要な必須脂肪酸「天然オメガ3・6・9」がエミューオイルにはバランスよく、かつ豊富に含まれているため、優しく肌をケアします。 からだの疲れ・痛みが気になる方に! そして皮脂に近くバランスのよい脂肪酸はスキンケアだけでなく、腰痛や筋肉痛などのマッサージオイルとしても利用できます。 運動時のケガ予防や筋肉疲労の軽減のために、肩こりや筋肉のハリなどの気になる部分に、関節痛や腰痛などの痛みやこわばりに、 少量を気になる部分に薄く浸透させるようにマッサージすることで、痛みを軽減することが期待されています。 オーストラリアの先住民族アボリジニによって、古来から肌に塗る万能オイルとして利用されている歴史がある、エミューオイル。あなたの家庭の薬箱に加えてくださいね。

Continue Reading Emu Oil

Rosehip Oil

アンデス山脈に生育するローズの灌木になる実から抽出されます。 オレイン酸(10~15%)と必須脂肪酸のリノール酸(40%)、α‐リノレン酸(20~25%)を含むリッチなオイルです。 癒傷作用(傷を癒す)、抗炎症作用、美白作用が期待できる。皮膚を再生、しわや老化を防ぐアンチエイジングの美容オイルとして人気があります。 おすすめの使い方 新鮮なうちに使い切りましょう。香りが気になるときは他のキャリアオイルとまぜて使ったり、香りが強くて美容にもよい精油を1種類は入れて、ブレンドオイルをつくるのもおすすめです。 目元やフェイスケアに向いています。皮膚がはがれたり、めくれたりしている時、傷あと、荒れた肌や乾燥肌に。

Continue Reading Rosehip Oil

Other Essential Oils

その他のアロマオイル Peppermint 気持ちや頭をクールにし、リセットする香り ミント系のクールさとほんのりとした甘さがあり、すがすがしい香り。 どんな時に選ぶ? 不安が頭から離れないとき 現実から逃げたくなってしまうとき 暴飲暴食で胃腸の調子が不調のとき 心-頭の中をクリアにし、意識を柔軟にしてくれる。 体-消化器系の不調に。頭痛など痛みの緩和。 肌-皮膚の痒みやほてりを和らげる。 Lemon フレッシュさがマインドをクリアにし、原点に立ち返る香り どんな時に選ぶ? 集中力を高めて意欲的に活動したいとき 頭がボーっとするとき 日々タイムスケジュールに縛られていると感じるとき 心-記憶力、集中力アップ 体-血液をきれいにし流すので、生活習慣病の予防に 肌-疲労がたまりくすんだ肌に。イボ、うおのめケアに Orange 自己肯定感を高める、甘くフレッシュな香り どんな時に選ぶ? ほっとくつろいで安眠したい夜に 胃腸がすぐれないとき 自分に自信がもてないとき 心-気持ちを明るくする。リフレッシュにもリラックスにも向いている 体-胃腸の問題全般に。冷え性にもよい 肌-毛根を刺激し育毛に向いている。セリュライトの予防とケアに。 Frankincense ウッディで神聖な香りが、直感を研ぎ澄ます どんな時に選ぶ? 自分を見失いがちなとき 神秘的な力を取り入れたいとき 肌の衰え、特にくすみを感じるとき 心-不安や恐怖を和らげる 体-呼吸器系の炎症を穏やかにする 肌-肌の細胞の成長を促すため、老化した肌のスキンケアにおすすめ 香りを生活に取り入れ向き合うほど「自分にとってこれは必要」「これは必要じゃない」という感覚が研ぎ澄まされていきます。自分が本当に好きなものが見えてくるのです。 ぜひ、あなたの好きな香りを見つけて楽しんでください。

Continue Reading Other Essential Oils

Eucalyptus

開放感に溢れ、スーッと優しく心地よい香り ユーカリを最初に治療に使用したのは、オーストラリア先住民のアボリジニ。ユーカリを燃やして煙を吸入し、感染症や発熱時に使用していました。 ユーカリの種類は700を超え、そのうち500種ほどから精油が抽出されます。その中でもユーカリ・ラディアタは、作用が穏やかで幼児や高齢者にも安心して使用できる精油です。 どんな時に選ぶ? 風邪をひきやすい 呼吸器系が弱い リラックスしたい 部屋の空気の浄化に 染みとおるようなスーッとする心地よい香りが、自分らしさを発揮できず、息苦しさを感じているときにおすすめです。 心に対するはたらき 意識をクリアにして、集中力を高めます。滞った感情から開放して、心に余裕を取り戻してくれる香りです。 自由に、新しいステージへ一歩踏み出す勇気を与えてくれます。 体に対するはたらき 鼻水や鼻づまりを解消する作用があり、風邪やインフルエンザなど鼻やのどのトラブルに優れた効果を発揮します。 子どもや高齢者には、ユーカリ・グロブルスより、ユーカリ・ラディアータの方が作用が穏やかなのでおすすめ。 肌に対するはたらき 脂性肌のケアや炎症、膿を持つようなニキビのケアに適しています。 注意事項 妊娠初期は使用を避けましょう 肌への刺激がある場合があるので、敏感肌の方は注意しましょう おすすめの使用方法 入浴、トリートメント、スキンケア、ヘアケア、芳香浴、香水 相性のよい精油 ハーブ系 ローズマリー フローラル系 ラベンダー ハーブ系 ペパーミント、ローズマリー どの精油とも相性がよいです。 学名 Eucalyptus radiata 英名 Eucalyptus radiata 科名 フトモモ科 抽出部位 葉 抽出方法 水蒸気蒸留法 主な産地 オーストラリア、中国、南アフリカ 主な作用 抗ウィルス、抗菌、鎮咳、抗炎症、去痰、うっ滞除去など 香りの特徴 スッキリと頭がクリアになるような香り 揮発度 トップ~ミドル 主な芳香成分 1.8シネオール(65-70%)、リモネン(5-10%)など

Continue Reading Eucalyptus

Tea Tree

免疫強壮。身体だけでなく、心やスピリットのエネルギーも高めてくれる香り オーストラリア先住民のアボリジニは、苦みのある葉の浸出液を作り、風邪や咳、頭痛の時に使用してきました。1770年クック船長たちがオーストラリアに上陸した際、 強い香りを放って生い茂る木に遭遇し、葉がスパイシーなお茶として飲めることが分かり、ティーツリー(Tea tree)と名付けました。 殺菌のイメージが強いティーツリーですが、メンタルにもとても響く香りです。頭脳を明晰化する作用があります。 どんな時に選ぶ? ウィルス性の予防 アレルギー、湿疹などによる痒み 慢性的な疲れに 気持ちをリセットしたいとき 強力な抗菌作用があり、感染症には欠かせません。狭い範囲なら現役塗布が可能な精油。 心に対するはたらき シャープで清潔感のある香りは、沈んだ気持ちを引き上げ、リフレッシュ効果があります。煮詰まってしまったときは、ユーカリ、ラベンサラをブレンドしてみるとよいでしょう。 頭に上がった気を落ち着かせて、冷静に物事に取り組みやすくなります。なかなか自分の思うように生きられないという人に、心を強くして自分を信じる勇気を与えてくれます。 体に対するはたらき 優れた抗感染作用があり、風邪、インフルエンザ、膀胱炎など、中でもウイルスが原因となる症状に役立ちます。予防として、ティーツリーを1滴入れた水でうがいすることもおすすめです。 寝て起きてもなかなか疲れが取れないと感じる時に、レモン、ローズマリーなどとブレントを用いると、体の活力が上がると同時に、シャープな香りは頭をスッキリとさせ、行動的になるでしょう。 肌に対するはたらき 狭い範囲なら原液塗布できるため、蚊や虫に刺されたときに患部に直接塗ると、痒みや赤みを抑えられます。 ラベンダー、フランキンセンスとブレンドして作るミツロウクリームは、かゆみ止めクリームとして便利です。ニキビや傷、水虫などにも役立ちます。外出時に1本持っておくと便利な精油のひとつです。 注意事項 妊娠初期は使用を避けましょう 皮膚刺激を感じる場合もあるので、敏感肌の方はご注意ください おすすめの使用方法 入浴、トリートメント、スキンケア、ヘアケア、芳香浴、ルームスプレー 相性のよい精油 柑橘系 レモン、オレンジ、マンダリン 樹木系 ユーカリ ハーブ系 ペパーミント、ローズマリー どの精油とも相性がよい。レモン、ラベンダーとブレンドする抗菌スプレーは重宝します。 学名 Melaleuca alternifolia 英名 Teatree 科名 フトモモ科 抽出部位 葉 抽出方法 水蒸気蒸留法 主な産地 オーストラリア、中国 主な作用 抗ウィルス、抗菌、抗真菌、頭脳明晰、うっ滞除去など 香りの特徴 フレッシュでスパイシーな葉の香り 揮発度 トップ~ミドル 主な芳香成分…

Continue Reading Tea Tree